ヾ(´・ω・`)ノ゙

2017年07月10日

pyqtgraphのDockArea(´・ω・`)

pyqtgraphで時系列の価格データのようなものを表示して、
MT4でいうサブウインドウみたいなものを表示したいとして、
どうするのがいいのかと思って調べてたら
pyqtgraph.dockareaがよさそうな感じだったので試してみました(´・ω・`)

試したコードはこれです
( ´・ω・`)つ http://ux.getuploader.com/hage_fx/download/43/test_dockarea.py
一応windowsのpy3.5のanaconda環境でPyQt4とPyQt5どっちが入ってるほうでも動作しました


いつもならindicators.pyかtalibでインジの計算をするところですが、
トレーダーじゃない人がpyqtgraphの情報探しててこのブログを見に来たとすると
indicators.pyやtalibは入れてないだろうと思うので
サブウインドウに表示するのはpandasで簡単に計算できるようなものにしました(^ω^ )


境界の部分をドラッグして幅を変えれるしよさそうな感じです
(データはnp.random.randnで作った適当な値です)
2017_07_10_2010.png

この部分をドラッグして位置を入れ替えたりもできるみたいです
2017_07_10_2010_.png

こんなふうに
2017_07_10_2011.png


最近、setStyleSheet()で色を変えれるというのを覚えたんですが、
このコードで苦労したのが、これ
2017_07_10_2012.png

こいつらの色をどうやって変えればいいのか悩んでこんな感じでやりました
(こういう書き方ができるの初めて知った(´・ω・`))

2017_07_10_2013.png


これで全体的にsublimetextぽいの色になったのでよかった(´・ω・`)
ほかの部分は色変えれたのにここだけ青いのがどうしても気に食わなかった(^ω ^ ;)



nekotowakaiseyo.jpg
タグ:Python
posted by hage at 05:43| python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする