ヾ(´・ω・`)ノ゙

2016年01月21日

MQL4書くときのnotepad++の設定

MQL4を書くときnotepad++を使っています
それを軽く紹介します(´・ω・`)

notepad++をダウンロードします https://notepad-plus-plus.org/
2016_01_20_1541.png

ここから
2016_01_20_1542.png

ぼくが使っているpluginのセットです
( ´・ω・`)つhttp://ux.getuploader.com/hage_fx/download/29/npp_mql4_plginset.zip
こんなよくわからない人のブログからダウンロードしたDLL使うの怖いよ(´・ω・`;)
って人はnotepad++のプラグインで
FingerText
LanguageHelp
NppExec
を自分でダウンロードして設定ファイルだけ使うといいと思います
FingerText.db3はpupsqliteかなんかで中身が見れます


これをnotepad++のフォルダに入れて上書きします
2016_01_20_1543.png

2016_01_20_1544.png
上書き保存でOKです

MQL4用にどんな設定をしてあるかというと
・F1でリファレンスを呼び出す
・MT4の関数名の横でTABキーを押すとスニペットを出す
・MT4の定数や列挙型などの横で ( を打つとツールチップ?みたいなのを表示する
・ctrl+Bでコンパイルする
こんな感じです

それからたぶんメニューが英語のままなので
メニューバーの Settings > preferences を開いて
Localizationを日本語にします

次に
メニューバーの 設定>スタイル設定 を開いて
Global Styles, Global override のフォントを好きなのに替えて
フォント名、フォントサイズのほかのスタイルにも適用というところにチェックを入れます
2016_01_20_1545.png


リファレンス呼び出し
2016_01_20_1546.png


関数のスニペット
全部の関数ではないですがTABキーで次の引数のところに移るようにしてあります
(gif画像ファイルですうまく見れなかったら画像をクリックすると見れるかもしれません)
GIF_func.gif

ツールチップ表示
定数や列挙型の横で ( を押す
よく忘れるのでこれでヒントを見れるようにしました(´・ω・`)
GIF2.gif


コンパイル
ctrl+Bに設定してあります
エラーや警告が出たらそれをダブルクリックすればそこへカーソルがジャンプします
デフォルトだとroamingフォルダの中にあるかもしれないので
terminal.exeを起動するとき /portable をつけて起動するようにすると
terminal.exeと同じフォルダにMQL4フォルダが作成されるのでパスの表示がすっきりします
(ヒストリフォルダもこっちになります)
GIF3.gif

アップデートで新しく増えた予約語などの記入漏れが
あるかもしれませんがよろしくお願いします(´・ω・`)

sni_test と打ったあとTABキーを押すと簡単なサンプルが出るようにしておきましたので
ちょっと使ってみます
GIF4.gif

※注意点
・ツールバーにある「右端で折り返す」を有効にしないとENUMのリストを出したとき
表示がずれることがあります

・mql4を書くときはnotepad++のメニューバーからファイルのエンコードを
UCS-2 LEBOMに変換してから書いたほうがいいです
(ANSIやUTF-8のままだとメタエディタで日本語コメントを入れて保存したときに
UTF16に変換されるのか文字化けすると思います)

・同梱したリファレンスはふるいと思うので新しいのに入れ替えるか
LanguageHelpの設定でアップデート時にダウンロードされるディレクトリを指定しなおしてください

・スニペットを登録しただけでは入力候補に表示されません
plugins\APIs\mql4.xmlに追記する必要があります

・コンパイルにはmql.exeが必要ですMT4がアップデートされたときに最新のものを・・・

とか書いてたら
んぎゃぁぁぁああ!(´・ω・`)
http://www.metatrader5.com/en/metaeditor/help/development/compile
今はmql.exeじゃなくて
metaeditor.exe にファイルを渡してコンパイルするのにかわったんかい!?(´・ω・`)


いつものようにここから
http://www.metatrader5.com/ja/metaeditor/help/development/compile
mql.exeを手に入れようと思ったら名前はmql.exeなんですが
なんかMT5のインストーラらしきものがダウンロードされてしまいました
(´・ω・`)イラァ

↑ここを書いてから小一時間 コマンドラインでmetaeditor.exeでコンパイルするのを試してましたが
コンソールに出力を得る方法がわからなかったので断念しました
/log というオプションをつければコンパイルログファイルを吐くんですが
ログを吐かせてpython側でログファイルの中身を読んでファイルを削除するという方法も試しても
pythonでos.remove(logfilepath)したときまだmetaeditor.exeがこのファイルを閉じてないのか
metaeditor.exeがlogを閉じる瞬間と思わしきときにファイルが復活してしまって困りました
なので今回は諦めて少し古いコンパイラを入れときます

古い情報となってしまうので今日書いたのはやめとこかなとも思ったんですが
せっかくなれないgif画像まで作ったのでこのままブログを更新することにしました(´・ω・`)
(GifCamというソフトを使ってみました)

build600以降メタエディタもパワーアップしましたが
なんか使いにくいのであまり使ってません
・キーバインドの変更ができない(矢印キーとかに手を伸ばすことなくコード書きたい(´・ω・`))
・折りたたみができない
・矩形選択ができない
・選択した変数などの文字列と同じものはハイライトされてほしい
みたいな不満があります(´・ω・`)

クラスを使ったりする場合はメソッド補完は利かないのでメタエディタのほうがいいかもしれませんが
手になじんだエディタで
ズダダダダダッッターン!!!ってコンパイルできるとなんか楽しいです(´・ω・`)


タグ:MQL4
posted by hage at 05:12| MT4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする